お久しぶりです!おかげ様で・・・

皆さま、長らくご無沙汰してしまいました。すみません!
農家1年生というのと、私生活で新しい命を授かったり(只今妊娠7カ月)で気づけば稲刈りが終わっていました(汗)

ということでこの場を借りて、田んぼのご報告をさせて頂きます。
おかげ様で田植えの呼びかけには延べ20人以上の方が参加してくださいました。

10年以上耕作放棄されていた田んぼに人が集まり、どんどん苗が植えられていく様子(手植えです^^)はなんとも幸せな時間でした。はじめての人も田んぼの中でうまくバランスをとったり、尻もちをついたりしながら楽しい時間を過ごして頂いた様で私達も嬉しかったです!田植え後は地元のおかあさんたちが腕をふるったお料理を青空の下でみんなで頂いたりしながらなんとも充実したひと時でした。

こうだった田んぼが・・・(Before)
写真 2014-04-29 22 32 27

こんな風景に!(After)
IMG_8348

そしてたわわに実った!
securedownload2

securedownload
上の写真は神丹穂(かんにほ)という赤米です。藁もしめ縄や藁細工に使えます。穂がとーってもきれいな色をしていました。

主人が一人で開墾をはじめ、仲間が集まり、こうして皆の力がお米になったのを目の当たりにするとなんとも感慨深いものです。
今年はなんだかんだあってみんなで手刈りができなかったので、来年はみんなで刈っておだがけ(天日干し)できたらいいな~。
実るまでは友人が草取りを一緒にやってくれたりして色んな方に助けられました。
おかげで美味しいお米がとれました^^
関わって頂き手をかけて下さった皆さん、ありがとうございました。
来年もご縁ある方々と共にお米づくりができたら嬉しいです!

IMG_8355

 

田植え体験しませんか?

初めての本格的な苗育て、ワクワク、ドキドキ。苗たちはたくましく成長しています。

私たちの活動内容、無農薬の米づくりに興味を持ってくださった方、一緒に田植えをしましょう。

いすみは田んぼ一面に水が張られ、美しい光景が広がっています。

皆様の参加をお待ちしております。

【日時】
第一弾 2014年5月18日(日)・19日(月)
第二弾 2014年5月30日(金)・31日(土)
※荒天中止(延期予定)、小雨時決行。第二弾の日程は天候、苗の生育などにより、変更になる可能性が
あります。

【定員】
各20名

【時間】
9:15~13:30頃終了予定
※開始時間に間に合わない方、ご相談ください。

【料金】
大人2500円 こども1500円(3歳未満無料)※お昼(いすみ米のおにぎり等)、プチお土産付

【持ち物】
田植え長靴(持参できる方)、タオル、帽子、着替え、ゴム手袋(必要な方)
※当日は汚れても良い服装でお越しください。(着替え持参OK)
※今年復田したばかりで葦などの株が残っている可能性があるため、安全第一で長靴での田植えをお願いします。
☆田植え長靴が用意できない方は、田植え足袋のレンタルを承ります。(レンタル料:お一人様1000円)
足袋は足裏の保護が目的です。泥や水は浸入しますのでご了承ください。 
レンタルご希望の方は開催一週間前(第一弾:5/11 第二弾:5/23)までに靴のサイズをお知らせください。
<サイズ>(S)22.5-23.0cm (M)24.0-24.5cm (L)25.0-25.5cm (2L)26.0-27.0cm

【場所】
千葉県いすみ市内 ※お申し込みいただいた方に詳しい場所をお知らせします。

【アクセス】
電車の方:JR外房線茂原駅下車
     いすみシャトルバス(8:25発)乗車→今関ふれあいセンター(8:50着)下車徒歩7分

車の方:現地集合

【お申し込み】
電話、メールにてお願いします。
住所、参加される方全員のお名前、年齢、連絡先(電話番号、メールアドレス)、
電車か車かをお知らせください。

耕作放棄地のビフォアアフター

たくさんのすだれができそうなくらい生い茂っていた葦。

それを夫が刈って刈って、また刈って。

今度は途中で木が生えていた。

それをのこぎりで切って切って。

たまに椅子なんかもでてきたらしい(笑)

【before】
写真 2014-04-29 22 32 27

IMG_7938

そんな場所に今日から水が入って、豊かな田んぼになりつつあります。

【after】
写真 2014-04-29 11 58 59

まだ田んぼを囲う土の壁である畦が不完全で水がもれていたりするけど、

それを手で土を持って、ひたすら塗る。そう、昔の土壁はこうして藁と田んぼの土で塗っていたんです。

私もやるが、腰がかなり鍛えられる。田んぼの粘りで粘り腰になるよ。でもなんだか楽しい。

手をかければかけるほど、愛着が湧いてきたー。by 夫 この後夫は夜の田んぼへ出かけていきました。。。

私たちの暮らす場所はいすみの中でもかなりの粘土質。陶器がつくれそう!なほど。

これが美味しいお米を育てる土といわれています。粒子が細かいので土の中の栄養分をたっぷり吸収できるそうです^^

私は埼玉、東京で育ちましたが、こちらに来てお米の美味しさに驚きました。

耕作放棄地だった場所は、「田んぼのオーナー」田んぼにしたり、手植え、手刈りのみんなで参加できる場所にします^^

田植えイベント近日公開予定です!「田んぼオーナー」も募集中です!(詳細はこちらから→☆・お申し込みはこちらから→☆

本日のおまけ♪
写真 2014-04-28 11 20 29

アマガエルくんは、田んぼの中でこうして気持ちよさそうに浮いています。

バランスをとりながら、たまに風に流されたりしながら(笑)

たまらん!!

…shu…

田んぼ準備進んでいます。

稲の苗を田んぼに植えるまでに大切なこと。

田んぼづくり。苗づくり。

この2つでお米の出来が半分以上決まります。

5年以上耕作放棄されていた田を復元しています。

写真 2014-04-22 10 43 40

荒れ放題だったよしを刈ってトラクターで耕して畦になる土台をつくって。。。

畦は手作業です。日本アカガエルくんです。たくさん住んでいます。

実は私、いすみに来てからかえる大好きになりました^^つぶらな瞳がかわいい!

写真 2014-04-22 10 43 58

近所のお借りした田を平らにならす作業中、通りかかった田んぼの大先輩方が声をかけて下さいます。

60年以上田んぼをやってきた方、平らにする方法を教えてくれたり、他の方は手畦の上げ方を教えて下さいました。

写真 2014-04-24 12 05 39

有難いです。昨年の11月に農家になった私たち、まだまだ初心者1年生。

地域の方の協力があって田んぼも借りられて、面倒を見てもらっています。

一生懸命頑張って美味しいお米をつくります!

写真 2014-04-24 23 35 40

作業の一休み中にふと草の上に寝転ぶと、なんともかわいいお花を発見。

花びらがハートに、額がスター♪とってもキュートで元気になりました。

何の花でしょう?

へびいちごです^^

写真 2014-04-22 15 03 08

…Shu…

ごあいさつ

みなさん、はじめまして。
「farm share life」の鶴渕真一・修子です。

田んぼでのお米作りを通して、みなさんに「日本の里山」「ふるさと」「自然との調和・循環」を感じて頂ける場をつくっていきたいと思っています。
farm share lifeとは『「米作り」と「美しい里山づくり」』を通して豊かで、繋がりを感じられる暮らしをみんなでシェアする仕組みです。
詳しくはHP内の「『farm share life』とは」をお読みいただけると嬉しいです。

ここでは、日々の田んぼの様子を皆さんにお届けしていきます。
田んぼづくりから畦の草花、生き物たち、四季折々の里山の景色、それぞれが繊細でとても美しい感じています。
東京から1時間ちょっとの千葉県いすみ市、私たちが大好きなこの場所には日本らしさ、原風景が残っているような気がするのです。

そして皆さんと一緒に千年先までこの豊かな環境を引き継いでいけるより良い形を模索し、動いていきたいと思っています。
一緒に集い、楽しみましょう。応援よろしくお願いします!

真一、修子

写真 2014-04-18 17 06 26s

写真 2014-04-18 17 06 43s

写真 2014-04-18 17 06 50s